交通事故・むちうち

このようなお悩みでお困りではありませんか?

交通事故のイラスト

  • 交通事故にあってから、首が痛む
  • むち打ちからくる肩の痛みがつらい
  • レントゲンからは異常が見られなかった
  • 事故後、数日経ってから辛くなってきた
  • 保険の手続きなどがわからず、不安

交通事故は、珍しいことではありません

交通時事故の様子交通事故は、普段過ごしている身近なところでも頻繁に起こっています。
大きな事故だけでなく、接触事故や追突事故も含めると毎日どこかで交通事故の被害に遭われている人がいます。

このように身近で起こっている交通事故ですが、万が一あなたが遭ってしまった場合、どうしたらいいかお考えになられたことがありますか?

交通事故に初めて遭った…という方がほとんどで、初めてのことで恐らく何をすればいいのかわからないと思います。

出来る限り落ち着いていただき、事故相手に関するチェックはもちろんのこと、忘れてはいけないことが、警察と加入されている保険会社さんへの連絡です。
交通事故に遭うと、さまざまな手続きが必要となります。しっかりと対応していきましょう。

むちうちとは?

交通事故によるこんなお悩み有りませんか?交通事故について話している様子交通事故後、残りやすい状態に特に多いのがむちうちです。
正式名称は「頸椎捻挫」と言います。

事故時のケガで出血、骨折など見た目に分かるものより、目に見えない不調の方が大変です。
よくある例が、むちうちであると言えます。
むちうちには、以下のような状態が見られます。

ケース1:首の痛み、手足のシビレや痛み
ケース2:腰のシビレ、だるさ
ケース3:首や肩のこり、背中の張り
ケース4:頭痛、めまい、耳鳴り
ケース5:吐き気、嘔吐、食欲不振 など

このような不調は、事故が原因だと思わず気のせいだと見過ごされてしまうこともあり、危険です。
気のせいだと思い込んだことによって、対応が遅れると、早期回復からも遠のいてしまいます。
交通事故後の対応は、最初の3ヶ月が大切と言われており、「もっと早く施術をしていたら良かった…」と後悔しないためにも、一日も早く施術を始めましょう。

むちうちは、交通事故時の衝撃だけでなく、スポーツの中で激しくぶつかったなどでも起こることがあります。
首は約5kgもある頭を支えているため、大きな衝撃を受けると損傷を受けやすい場所でもあります。
交通事故では、事故の状況によっても、むちうちの起こり方が変わりますので、注意しましょう。

後遺症について

むち打ちの検査の様子後遺症が残りやすい原因のひとつとして、レントゲンやMRIでは、むちうちが見つかりづらいということがあります。
また、病院で行われる対応では、むちうちによる不調を抑える対処法が中心となり、根本的な回復にはつながりにくく、今後後遺症に悩むことも大いに考えられます

早期回復を目指すために、おすすめの方法が、病院と併用して整骨院でも施術を受けられることです。

当整骨院でも、「交通事故専門施術」という、交通事故後の不調やケガに対して特化した施術を受けられます。
施術だけでなく事故に関する保険の手続きのサポートも受けることができます。

事故の状況によって身体に受ける衝撃は異なり、施術や手続きもそれぞれです。
お一人お一人に合った施術と対応をサポートすることと、精神的にもいい状態にするお手伝いをさせていただいています。

むちうちによる状態は人それぞれですし、もともと持っている歪みも違います。
状態に合った対応を行うことが、もっとも大切だと、考えています。

施術について

首の施術の様子施術の前に、詳しくお話しをお伺いさせていただきます。交通事故に遭った方に寄り添い、最適な施術を受けて頂くには、今の状態を丁寧に伺うことに力を入れ、不調に合ったアプローチをご提案いたします。

手技を中心に、事故によって損傷した組織を回復させるための施術、ふさわしいリハビリを行うことによって、むちうちの回復を早めるとされています。

また、このような対応は、病院で行われることも少ない内容です。
病院だけの施術で満足をされて、整骨院での施術を疎かにしてしまうと後遺症と付き合いながら生活を続けるということになりかねません。

交通事故に対する施術は、早い段階で病院と併用して、整骨院の施術を受け始めることを、おすすめします。