寝違え(首の痛み)

2020年06月10日

今回は起床時の首の痛み。
・・・俗にいう【寝違え】についてです。

寝違え(首の痛み)の特徴

起床時寝ている間
の筋肉や、関節を過度に捻ってしまい

前屈(=首を前に倒す)
後屈(=上を向く)
側屈(=横に倒す)
回旋(=振り向く動作)

の中で痛みが出る方。

□■――――――――――――■□

特に、頸椎捻挫といって
関節周囲組織である

<靭帯筋肉>などの組織に傷がついてしまい、
炎症を起こし鋭痛という、

【鋭くズキズキする痛み】が出るもの。
のことを言います。

□■――――――――――――■□

また、首には頭部から肩甲骨に付着する筋肉がある為、
肩や肩甲骨を動かした際に痛みが出る可能性もあります。

 

寝違え(首の痛み)の原因

首の痛みの原因は様々なものがあります。

姿勢の悪さ
外傷怪我)によるもの
神経痛
慢性的な血流障害によるもの
(=肩こり

などなど、様々です。

 

しかし、
元々の基礎的な頸肩部の緊張があるのとないのでは
寝違えを起こす危険性が段違いです。

□■――――――――――――■□

~こんな方は要注意~

在宅ワークなどで長時間の不自然な姿勢
(デスクワーク)(運転)

冷房や寒冷などにさらされる
(毛細血管の収縮)
日頃から頭痛や肩こりがある
(寝違えの基礎ができている)
不良姿勢・猫背
(常に頸部・肩上部の緊張)

□■――――――――――――■□

 

そして、意外と関係が深いものの一つに
寝方】【があります。

睡眠人間にとって、とても大切です。
睡眠時に脳内で記憶の整理をしたり

自律神経の働きが切り替わり
リラックスさせる働きがあったりします。

しかし、寝ている姿勢が悪かったり
使用している枕の高さが悪かったりすると

↓↓↓↓↓

🔴睡眠時に脳内でのホルモンの放出が正しく行われず
 寝起きが悪い。緊張が取れない。

🔴身体に無理な態勢を強制してしまい
 筋肉にストレスがかかり、固まってしまう
 関節に負担がかかり続け炎症が起きてしまう。

などの悩みが出てきます。

□■――――――――――――■□

 

他にも【内蔵の不調】【疲れ】の為に
睡眠姿勢が偏ったり、寝返りが少なくなってしまったり

首周りの筋肉に緊張が出てしまい
そのまま長時間、無理な態勢で寝てしまい

首に痛みが出てしまう。
なんてこともあります。

 

寝方はきっかけであり、
暴飲暴食や深酒、夜更かしなどが、
内臓の疲労を増やし、首の痛みを起こしやすくなってしまいます。

 

寝違え(首の痛み)の施術

寝違えの痛みは時間が経つと落ち着いてくるので
なにも対処せずにそのままにする方も多いです。

 

しかし、放置してしまうと!!

…1.2週間経っても痛みが取れなかったり
 頻繁に寝違える事が増えたりしてしまいます。

 

➔なぜなら
傷ができてしまったことにより
周囲の筋肉が過度に緊張しているからです。

私はよく、
『施術によって傷口を縫い合わせることはできません。』

『傷口を引っ張ってしまう筋肉を緩めます。』

と、話します。

当然、私たち、整骨院では外科的な対応ができないので
一回痛めてしまったところを

悪化させないようにするのが一番ですね。

□■――――――――――――■□

 

施術方法としては、
①安静を第一にしていただき、

痛めてすぐの場合は、
痛めたところが炎症を起こしてしまっているので
②冷やして炎症を抑える必要があります。

瑞江駅前はりきゅう整骨院では、
痛みの原因である筋肉をつきとめ、

頸部は炎症を悪化させてしまうことがあるのであまり触らずに
③肩甲骨周囲の筋肉を緩め、
 肩甲骨の動きを出すような施術をします。

 

<なぜ、肩甲骨の柔軟性を出すのか?>

頸部を痛めてしまう寝違えでは、

基本的に、痛みの部位を緩めても
傷口がある場所なので痛みは減りません。

肩甲骨を緩めると
肩甲骨から頸部に付着し、傷口を引っ張ってしまう筋肉
緩めることができるので

傷口への負担を減らすためには肩甲骨を緩めた方が
効率がいいのです。

□■――――――――――――■□

<特に緩めた方がいい筋肉>

【僧帽筋】

【斜角筋】

【胸鎖乳突筋】

【大・小胸筋】

などの大きな筋肉から

 

【肩甲挙筋】

【菱形筋】

【前鋸筋】

などの肩甲骨に付着する筋肉。

 

さらには、肩甲骨を遠くから引っ張ってしまい
頸部の筋肉を間接的に緊張させてしまう

【前腕屈筋群】【前腕伸筋群】などが挙げられます。

□■――――――――――――■□

瑞江駅前はりきゅう整骨院での施術

<肩関節調整>

側臥位(横向き)で肩甲骨周囲の筋肉を緩めます。
『肩甲骨はがし』などの大人気メニューも盛り込まれています。

↓(肩甲骨はがし)↓

 

<鍼施術>

鍼によって炎症を起こしている傷口を
動かすことなく周囲の筋肉を緩めます。

特に、
運動鍼…と言って、鍼を刺しながら腕などを動かして
 筋肉を動かしながら緩める方法。

パルス法…鍼通電と言って、筋肉に刺した鍼に電気を流します。

円皮鍼…シールタイプの鍼をお体に貼ることによって、
 ご自宅に帰ってからも、継続的に刺激を入れることができる方法です。

 

<猫背矯正>

ある程度筋肉が緩んできたら、
肩甲骨の可動域制限の原因である姿勢の悪さ、肩甲骨の巻きこみを
20分たっぷりストレッチをしながら緩めます。

筋肉の硬さを取るだけでは、いずれまた戻ってしまいます。
再発してしまわないように、

筋肉に負担が少ないような姿勢づくりをしていきます。

 

在宅ワークが始まり1カ月以上が経ちました。
非日常にストレスを感じていらっしゃる方も多くいると思います。

そんな中、ストレスに対抗し生活していくためには
お身体のストレッチや、施術によるケアをしていく必要があります。

 

ストレッチに関してはYouTubeに載せていますので

YouTubeを参考にしてみてください!

肩こりストレッチ1

肩こりストレッチ2(今後載せます。)

 

また、姿勢矯正・猫背矯正に関しても

インスタグラム

ホームページ

に載せていますので、参考にしてみてください。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

瑞江駅前はりきゅう整骨院でした。

お電話:03-6638-8486